月とうさぎの由来が衝撃的すぎた件

月とうさぎの由来

はい、どうも、大和です。

8月も近付き、そろそろお月見シーズンの到来ですねー。

そろそろマックでもお月見バーガーが販売されだす頃かな?

さてさて、月といえばやはりうさぎですよね。

どう頑張って見ても月のあの模様はウサギにしか見ない!!

ほんと、不思議ですよね。

そこで思ったのです。

なぜ月の模様はウサギに見えるのだろうか?
やはり由来とか意味があるのかな?

ってな感じで気になったので今回は
月がうさぎに見える由来について調べてみたんですが
その結果が衝撃的だったのでシェアしたいと思います。

月の模様がうさぎに見える由来が衝撃的だった!!

という事で早速月とウサギの由来を調べてみたんですが、
なんだか色んな説があるらしい。

その中でも1番有力だった説を今回は取り上げます。
※要所要所盛ります。笑

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜月とうさぎの由来〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

舞台はインドです。

むかーしあることろにうさぎとサルときつねの3匹がおりまして。

グチってたみたいなんですね、
「なんで俺(私?)たちは獣なんだよバーロー!」
つって。

で、
「絶対前世に悪い事したからバチあたったんや。」
「確実にそうやな。」
「ぇ、ほなせめてもの償いとして今からでも人の役に立つ事しよや!?」
と盛り上がってました。

それを天界から見ていた帝釈天(たいしゃくてん)さんは、
「なんちゅ〜ケナゲな奴らなんじゃo(;△;)o」
と胸を打たれます。
(※帝釈天はワンピースでいう天竜人的なヤツだと思います。)
(違うか。笑)

で、その天竜人が老人の姿に変身して3匹の獣どもの前に現れます。
「ヤバい、ちょ、マジ腹減りすぎて死にそう。アカンアカンアカン。」
と。

この老人の姿を見て3匹の獣どもは、
まさにアスカ状態に入ります。

「チャーンス!!」
チャーンス!!

で、
サルは木の実を集め、きつねは素早さを活かして小鳥や小魚を狩猟してきます。

が。

ヤバい、うさぎ何も取って来れない。笑

恐らくこの時のうさぎさんの心境を表すには、
ピグレットの、「どどど、どうしよう。」
ピグレット
(C)disney
がピッタリかと思われます。

で、自分には何ができるか考えた末に焚き火を焚きだします。

で!
あろう事かうさぎさんはその燃え盛る火の中に自ら飛び込んだんですよ。
「どうか私の肉を味わって下さい。」
って。

これを見た老人(=天竜人=帝釈天)は、
「お前達の気持ちはよく分かった。
 でもこのままだとウサギはちょっとかわいそうだな。」
と、自らの命を犠牲にしてまでも役に立とうとしたうさぎさんを哀れんで、
帝釈天の姿に戻りそのウサギを天に掲げ、月の宮居にまつった。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ってのが
月の模様がうさぎに見える由来でした。

これヤバくないですか?
この3匹の素直な気持ち。特にうさぎさん。

僕だったら確実にグレてますよ。
ふざけんなよ前世って。

普通に感動してしまいました。

普段何気なく見ていた月の中のうさぎさんですが、
まさかこんな由来があると知ったら次から見る目変わっちゃいますよね。

こんな感じで日々の生活の中で今まで気にかけてなった事とかでも
その由来とかをどんどん調べていけばさらに豊かな人生が送れるかもしれません。

と、今回は続けてこの月とうさぎの由来から学ぶビジネス論的な記事を書こうと
思ってたんですが、由来の解説だけでかなり長くなってしまったので次回に回します。

月とうさぎから学ぶビジネス論も凄い勉強になるので
ぜひチェックして下さいね。

では、今日はこの辺で。

無料メールセミナー

バナー

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ