プロフィール

初めまして、
当ブログを運営している大和です。

ネットビジネスでの実績は、
2013年の7月に月収10万円を突破し、
翌8月には不労所得25万円を達成しました。

2013年10月には累計金額75万円達成しました。

現在はコンサルティング活動に力を入れており、
1人でも多く、自分の力で好きなトキにいつでも稼げる力を持つ
かけがえのない仲間を増やすべく共に頑張っています。

超基本データ

本名:大和 寛
年齢:22歳
誕生日:平成2年12月31日
住処:奈良県
特徴:マザコンw

はじめに

とりあえず、12月31日生まれの22歳です。

誕生日が大晦日って事で、みんなすぐ覚えてくれますw

でも、基本的に友達は大晦日恋人とかといるんで、
案外祝ってもらえません^^;

それでもこんな忙しい時期に僕を生んでくれたお母さんには感謝です。

クソみたいな学生時代

僕の産まれた家庭はちょっと特殊な環境で、
住んでる家は上層部の偉いさんに借りて生活しています。

月々の給料もそこからもらっていて、
両親とも働き詰めな状態です。

毎日働いてるにも関わらず、
全然もらえず、貧乏一家でした。

こんな環境で育ってきたんで、高校時代は荒れ暮れてました。

THE.反抗期的な?

全くお金もないからどこにも遊びに行く事もできないし、服も買えへんし、
家ボロいし、なんか事あるごとにこんな環境に産まれた事が憎くて仕方ありませんでした。

僕には兄がいるんですが、その兄が謎に超頭良くて、
僕は対照的に超アホで、なんか周りから比べられてそれがウザくて、
何もかもがクソッタレと思ってました。

まさに尾崎豊の「15の夜」状態です。

さすがに、盗んだバイクで走り抜けたりはしませんだがw

でも、ほんと学校や家には帰りたくなかったです。

毎日いろんな友達の家泊まって学校もサボり倒してました。

まぁそんな事ばっかしてるから、
当たり前のように学校からは家に電話がかかってきます。

でも僕は家にいないので、親は「すいません」って言って電話を切って、
その後僕に電話かけてきます。

もちろんのごとく、僕は出ません^^;

それでも何回も何回もお母さんはかけてきます。

仕舞には鬼の留守電。

ガチで携帯の留守電欄がお母さんからでいっぱいになってましたね。

それがウザすぎて電話かかってきた時は基本携帯の電源切ってました。

んで、たまに家に帰ったかと思えば、やたら心配したように声かけてきます。

「大丈夫・・・?」
「どこ行ってたん?」
「ちゃんとご飯食べてるの?」

って。

普通怒るでしょ^^;

それなのに、無駄に優しくて、それがまたウザかったです。

ピークは高校3年生。

大学受験の時です。

僕には行きたい大学がありました。

法律が好きだった僕は、地元の大学の法政策学部ってとこを目指して、
バカなりに勉強しました。

未だに詳しい事は良く知らないんですが、、AO入学?
みたいなのがあって、小論文だけで受かるというコトで、
頑張って小論文の勉強しましたw

基本学校には行きたくなかったんで、
本買いあさって、それなりに頑張りました。

んで挑んだ試験、あっさり受かっちゃいましたw

小論文しかしてないのに、僕って天才なのか!?ってキチガイ発言してましたww

でも大学に行くにはやっぱりお金が必要なわけで。

そこでいろいろ探して、奨学金制度?なるものを発見しました。

毎朝早朝に新聞配りしたら、学費免除的な?

確か朝4時とかだったかな?

忘れたケド、毎日それはきつすぎるケド、
それで大学行けるんならいい!!と思って僕はそれを選びました。

よし、これで学費大丈夫。

試験も受かった。

神!!

とか1人で上がってましたw

がしかし。
さらなる壁が。

学費?かなんかの頭金です。

入学金の頭金かな?

とりあえず、頭金が必要になったわけです。

その額30万。

おいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおいおい的なw

僕のどこにそんなお金があるんですか?と。
大学の校長シバきに行きそうになりましたよw

なんだよ頭金って!!!ってw

どうしよどうしよ悩んでたら、
その事を親は知っていて、お金がない中いろんなところからかき集めて、
僕の知らないところで30万用意してくれてたんです。

その時はちょっと涙腺緩みました。

が、バカ野郎の僕は、大学も受かったし、お金も用意できたし、
未来のキャンパスライフにボルテージMAXでまた遊びほうけてました^^;

ほんと、親不孝のクソ野郎ですね。

でまぁ大学も決まったし、ろくに学校も行かずに遊びまくってたんで、
案の定卒業式はみんなとできませんでしたw

一応卒業は出来たんですが、会議室みたいなところでプチ卒業式的な。

周りには教員しかいない卒業式w

超堅苦しい卒業式となりました。

究極の挫折

高校も卒業して、大学始まるまでの期間、
あるトキ家貸してくれてる1番偉い人から呼ばれました。

卒業おめでとうと大学頑張れ的な感じかと思って足を運んだ僕でしたが、
これこそが人生で1番の挫折でした。

その人に呼ばれた理由は、お祝いとかじゃなくて、

「大学なんか行くな。」

って話でした。

まともに高校も行ってなかった事も知ってて、
お前みたいなんが大学行っても遊んでばっかで、ろくな人間にならん。

お金の無駄。

もし言う事聞けへんねやったら、家族全員家から出て行け。と。

もう、言葉がありませんでした。
人生でこれ以上ない怒りと悔しさがこみあげてきました。

本気でこいつ殺したいって思いました。

でも、親も絡んでるんで、なんも出来ませんでした。

なんも出来ん自分がほんと悔しかったです。

結局その怒りの矛先は親へ向かいます。

こんな人生ほんま最悪や!!
なんでこんなとこに産まれたんやろ

とか、ほんま最悪な言葉平気でぶつけてました。

が、そんなある日僕の人生を変える出来事がありました。

その時イライラがピークで、いたるところにあたってた僕に、
「そんなに殴りたいの?
じゃあお母さんを殴り。それで気が済むんならいくらでも殴り。」
って。

この言葉を聞いた瞬間、言葉を失いました。

この時初めて気づきました。
母というものの偉大さを。

こんな息子でほんとごめん。

本気でそう思いました。

お母さんはなんも悪くないのに。
僕の出来が悪くてこうなったのに。

なんでもかんでも親にあたって。

ただたんに甘えてただけでした。

その後、
とりあえず大学へ行く事はなしになりました。

もちろん払った頭金はもう返ってきません。

そして現在は、仕方なく月2万の仕事場で働いてます。

週休1日で、月2万ですよ・・・。

完全にフリーターさんの方が儲かってますね。
むしろ高校生のバイト以下ですね。

でも、毎日疲れて帰ってきた僕にお母さんはほんとサポートしてくれました。

あったかいご飯作って待っててくれたり、栄養剤買ってきてくれたり、
お金ないくせに遊んでおいでってお小遣いくれたり。

ほんと、僕なんかの為に沢山の苦労を掛けてくれました。

僕が産まれてこれまで、無償の愛で育ててくれたのに、
感謝もせずに逆に反抗しまくって。

今思えばほんまくだらん事でいちいちキレて。

大学行けんくなった時、
実はお母さんもショックだったらしく、僕も荒れ狂ってしまって、
毎晩泣いてるの知ってました。

それなのにあたったりして。

ほんと、最低なコトしてしまってました。

大和×ネットビジネス

この頃に初めてネットビジネスと出会いました。

月2万のくせに、バイトが禁止されてたんで、
他にどうにかして稼げないかと思ってネットサーフィンしてたのがきっかけです。

これや!!

って一気にのめり込みました。

僕はもともとネットが大好きだったんで、
運命的な出会いを感じました。

まさに、織姫と彦星が年に1度出逢うほどの運命的でした。

始めてみた動画が確か和佐さんのUnder25のセミナーだったと思います。

そしてこの時僕は心に決めました。

絶対にネットビジネスで成功してやろうと。

1番にあったのは、やっぱり親への恩返しが強かったです。

これで稼いで絶対に楽させよう。
家も僕が買って、今いるとこから出てって、
親は働かなくてもいい生活を送ってもらおう。

旅行だっていった事ないって言ってたし、
元気なうちに必ず海外にでも温泉にでも連れて行ってあげよう。

そう決意しました。

今まで育ててくれた愛情程の事は出来ないケド、
せめて流させてきた涙の分、
立派な男になって、今までできなかった親孝行を思いっきりしたい!

これで稼いで絶対に楽させたい!

心からそう思いました。

お金を稼ぐ事だけが親孝行じゃないって思われるかもしれません。

もちろん、そんな事わかってます。

僕がいつまでも元気でいてくれるだけでいい。
そうお母さんは思ってるかもしれません。

でもそれじゃダメなんです。

毎日毎日本気で大変そうに仕事をする母を見て、
それでもお金がないから与えられてる仕事以外にも新聞配りのバイトして。

それが原因で足手術する事なって。

毎晩お風呂あがったらほんとに疲れた姿で足マッサージしてて。

日曜日も関係なく働いて自由もないし、
おいしいもんだってテレビでしか見た事なくて。

今の僕にはその姿を見るのが辛すぎて。

どうにかして、なんとしてでも楽してもらいたい。
そのためには僕が稼いでもう働かなくてもいいようにするしかないと。

僕は母の姿を見て、金じゃ買えないかけがえのないものがあるって事知りました。
が、それと同時に、金じゃなきゃなせないコトもあるって嫌ほど知りました。

そのためにも僕はこの大好きなネットで。
必ず稼いで、僕なりの全力の親孝行をしたいと思っています。

あなたにも大切な人がいると思います。
まわりに苦しんでる人がいると思います。

もちろん、お金では解決できない問題を抱えてるかもしれません。

が、お金で解決できる部分は僕らが助けてあげませんか?

頑張って稼いで、それで誰かが助けれたら素晴らしいと思います。

世の中金じゃないとか言われたりもしてますが、
実際お金がない事によってほんとに悲惨な人生を送ってる人もいれば、
お金がない事が原因でこの世に生きて行く事が出来なくなる人もいます。

僕の場合は親の為に。
ここまで育ててくれた感謝の気持ちを持って、
稼ぎ続けていきたいと思います。

あなたも、誰かのために、もしくは自分の自由な人生の為に、
この素晴らしきネットビジネスで稼いでやりましょう!

最後に

”たしかに金じゃ買えないものもあるってコト知った。
だが金じゃなきゃ成せない事もあるって嫌ほど知った。”

僕の目指すところは、
ただひたすらに稼いでお金だけを求めるハイエナのような人生ではありません。

お金よりももっと重要なモノ。

時間、愛情、信頼

本当に心から気を許せる仲間や家族たちと、
平日でも関係なく僕の一声で全国から集まって一緒にバカンスやレジャーへ行き、
みんなと毎日心から笑ってる自分がいる人生を目指しています。

がしかし、その為にはやはりお金を稼ぐ必要がある。

言い換えれば、お金を稼ぐコトなどただの手段でしかありません。

僕は、稼いだ先に見える世界を一緒に共有したいと思っています。

現に、お金がないからってコトで自分のしたいコトや夢を
諦めざる負えない人たちが僕の周りにはたくさんいます。

もちろん僕もその中の1人でした。

でも、ただお金がないからって理由だけで
夢を諦めさせられ、さらには不本意な人生までも送らされるなんて
どう考えても不条理すぎるでしょう。

だからこそ僕は稼ぎます。
そして次は僕に共感してくれた仲間に手法を伝授して行き、
自分の力で稼げる人を増やして行きます。

この世に平等なんてない。
産まれたその瞬間から皆、不平等なのです。

だったら、その道がいくら修羅の道であっても
僕は勝ち上がる為に進み続けます。

それこそが、
この先、僕と同じように不条理によって
夢を諦めなければならない人たちの希望の光になると信じているからです。

最後まで長ーいプロフを読んでくれてありがとうございます。

ここまで読んでくれたというコトは
それなりに少しは共感して頂けたでしょうか?

だったら、後はもうやるだけですよ。

あなたが稼げるように僕も本気でお伝えして行きます。

いつか全てをこの手に

その日まで、一緒に走り続けましょう。

まだ僕のメルマガを読んでいなかったらぜひ登録してみてください。

どこよりも稼ぎやすい環境を用意してお待ちしています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ